新社会人が今すぐネット銀行の口座を開設すべき理由と活用法を紹介!

生活

新社会人のみなさんは、どこの銀行口座を使っていますか?

大半の人が都市銀行(メガバンク)や地方銀行を使っているのではないでしょうか。

そんな皆さんにおすすめしたい銀行口座は「ネット銀行」です!

私は大学生の頃に「三菱UFJ銀行」を使っていましたが、新社会人になるに当たって、ネット銀行(楽天銀行と住信SBI銀行)を開設しました!

そこで今回はネット銀行を解説すべき理由と活用法を紹介します!

ネット銀行のメリット

コンビニATMの手数料が無料(になりやすい)

皆さんは銀行のATMを使っていますか?

給料を引き出したり、お金を入金したりする時にATMを利用していると思います。

この時、口座を開設した銀行のATMを使用すれば手数料がかかることはありません。

しかし、急にお金が必要になった時にはコンビニのATMや他の銀行のATMを使うことになります。

通常はコンビニや他の銀行のATMでの出金や入金には数百円の手数料がかかります

1回の手数料はそれほど高額ではありませんが、手数料も「ちりつも」(散りも積もれば山となる)であり、頻繁に使用しているとそれなりに高額になってしまいます。

ネット銀行の場合であれば、コンビニや他の銀行のATMの手数料が無料(になりやすい)です。

私が使用している「楽天銀行」の場合は、最大で月に7回もATM利用手数料が無料になります

また、他の銀行に振り込みをする場合も、最大で月に3回も振り込み手数料が無料になります

手数料で損をしないためにも、手数料が無料になるネット銀行がおすすめです!

自分は口座を開設した銀行のATMを使うから大丈夫という方も、24時間対応で至る所にあるコンビニのATMは本当に便利です!

金利が高い

通常の普通預金の金利は0.001%程とかなり低く設定されています。

しかし、ネット銀行の金利は、通常の銀行と比べると金利が高く設定されていることが多いです。

特に私が使用している「楽天銀行」では、楽天証券の口座を開設して楽天銀行の口座と連携させること(マネーブリッジ)により金利が0.1%まで向上します

仮に銀行に100万円を貯金していたとすると、利息として毎年1000円が手に入る事になります。(実際は税金が引かれるため、700円程度になってしまいますが。)

通常の銀行にしてもネット銀行にしても、現金を預けて置く場所という事は変わらないので、できるだけ金利の高いところに預けておくべきです。

ネット銀行の活用法

私は生活口座(給料の受取やクレジットカードの支払い)としてメガバンクの口座を使用し、特別支出用(生活費以外の不定期に発生する高額な出費用)の口座と貯蓄用の口座にネット銀行を使用しています。

生活口座をネット銀行にするということもできるのですが、全てをネット銀行にするのもどうかなと思ったので、一番預ける金額が少ない生活口座をメガバンクに設定しています。

それではネット銀行の活用法を詳しく説明します。

特別支出用(住信SBIネット銀行)

特別支出用の口座には住信SBIネット銀行を使用しています。

その理由には、住信SBIネット銀行は「スマプロランク」(月ごとの商品やサービスの利用状況により自動的に判定されるランク)が最低でも振り込み手数料が1回は無料になるからです。

特別支出用口座では、生活費以外の特別な出費があった時に生活用口座にお金を振り返る必要がありますが、振り込み手数料が無料であればわざわざATMに行かなくても口座振替が無料でできるので便利です。

貯蓄用口座(楽天銀行)

貯蓄用口座には楽天銀行を使用しています。

その理由は2つあります。

1つ目は普通預金の金利の高さがトップクラスの0.1%(マネーブリッジ設定時)だからです

金利の高さだけで言えば「あおぞら銀行Bank支店」がトップの0.2%(2020年5月31日時点)ですが、楽天銀行も業界トップクラスの0.1%です。

2つ目は投資を行っている楽天証券との連携の良さです。

私は貯蓄の一部を投資に当てていますが、楽天証券の口座と楽天銀行の口座を連携させることにより、楽天証券の口座にお金がなくても、楽天銀行の口座が自動で楽天証券の口座に移動して投資を行うことができるため便利です。

まとめ:新社会人が今すぐネット銀行の口座を開設すべし!

リアルの銀行には安心感がありますが、リアルの店舗で働く従業員のコストを利用者から何かしらの方法で回収する必要があることを考えると、ネット銀行の方が利用者にとってお得になっているのは当たり前です。

サラリーマンの場合は給料の振り込み先を会社から指定されている場合もありますが、口座を複数持っているのであれば、他の口座をネット銀行にしてお得に銀行を活用していきましょう!

ちなみに私は銀行口座は最低でも3つは必要だと思っています!(結婚などあればもう少し増えるかもしれません。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました